遺産相続や会社設立を助けてくれる税理士の存在

専門とは

覚書

税金問題は、法律のプロではない限り難しい問題です。
消費税や所得税・住民税のように、決まった額が提示される・引かれるものは問題ないですが、相続税であれば違ってきます。
予期しない形で入ってきて、かつ不動産であれば固定資産税のようにあるだけで払い続けないといけない税金もあります。
そういった税金の悩みは、税理士に相談しましょう。
専門分野・専門サービスとして、税金問題を扱っています。
まずは電話で予約し、直接話しながら相談していきましょう。

被相続人が亡くなったときに、相続が始まります。
手続きにも期限があるので、被相続人が亡くなって悲しい中でも、手続きは早めに行なうべきです。
遺産相続を受けると、相続税が発生します。
ただ例外として、相続した額が低い場合は、相続税が発生しません。
相続を受けたら、申告が必要になります。
申告が遅れると、加算税の納付が必要になります。
そうならないためにも、税理士へ早めに相談して、手続きを進めていきましょう。

相続のときだけでなく、会社設立のときにも税理士に相談すべきです。
会社を立ち上げたときには、申告することがとても多いです。
税理士は、そんな設立に伴う申告の手助けをしてくれます。
法人税や決算申告・確定申告などの手続きは、自分で行うととても大変です。
税理士と契約をして、会社の存続のためにうまく頼っていきましょう。
会社設立・相続など、内容は全く異なりますが、税金が関係している点では同じです。
税金問題で悩んだら、無料相談も行っている税理士に頼るべきでしょう。